[スポンサードリンク]
2015-06-28 22:54:33
【MonoGame】VisualStudioでのインストールから実行まで
  1. MonoGame
  2. VisualStudio
  3. 開発
MonoGameでゲームを作るシリーズ。
C#を使ってWindowsで2Dゲームをで作りたいという方にはMonoGame!
ということでインストール手順などをまとめてみました。


UnityもUE4も移植を前提としたプラットフォーム的にはいいんですけどシーンエディターに馴染めず。
Xamarinがもっと安ければ・・!と言っていてもしょうがないので、Windows向けにプラットフォームを絞った開発(かつ2D)であればプログラムを少しかじった人であれば馴染みやすいMonoGameを導入してみましょう。

MonoGameのバージョンは3.4で進めていきます。

インストール編




  1. VisualStudioのサイト(https://www.visualstudio.com/downloads/)から「Express 2013 with Update 4 for Windows Desktop」をダウンロード、インストールします。



  2. MonoGameのサイト(http://www.monogame.net/downloads/)から最新のVisualStudio用のインストーラーをダウンロードしてきます。

  3.  

  4. インストーラーを起動して、テンプレート選択になったらお持ちのVisualStudioと同じバージョンのものにチェックをいれて「Install」を押してください。



  5. 準備は完了です。


起動~ビルド~実行編


  1. 「VisualStudio」を起動してください。
  2. ファイル⇒新規作成⇒プロジェクトと進むと「新しいプロジェクト」ダイアログが開きます。
  3. インストール済み⇒テンプレート⇒Visual C#⇒MonoGameと選択して「MonoGame Windows Project」を選択して「OK」でプロジェクトを作成します。



  4. 上部メニューの「ビルド」から「ソリューションのビルド」をクリックします。
  5. ビルドが成功したら「デバッグ」から「デバッグの開始」をクリックすると真っ青の画面のアプリが起動します。エラーが出る場合は後述してあります。


これで基本となるプロジェクトは完成です!
ここにいろいろと機能をつけていきましょう!


「DllNotFoundException」が発生する





MonoGameのアプリを実行するにはDirectXランタイムのインストールが必要です。
以下のURLから、DirectXのランタイムをインストールしましょう。

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35

Windows向けのMonoGameは、内部でSharpDXを使っていて、SharpDXの内部ではDirectXを使っていることから、DirectXランタイムのインストールが必要なようです。

【関連記事】

[スポンサードリンク]
コメントする


コメント
まだコメントはありません。