[スポンサードリンク]
2014-01-22 10:55:52
【FlashDevelop】ゲームプログラミングを始めよう(環境構築編)
  1. 開発
  2. FlashDevelop
  3. Flash
「FlashDevelop」と「FlexSDK」を使ってWindowsでFlashゲームを製作する手順をまとめてみました。


簡単ですが、以下の2つをまとめています。


ある程度、プログラミング経験がある方を対象としています。

必要なソフトウェアを準備する



以下の2つのソフトウェアが必要となります。
ダウンロードしてきましょう。

それぞれ、2014/1/22時点での最新バージョンを使用しての内容となります。

「FlashDevelop」のダウンロード


「FlashDevelop」のダウンロード

上記URLから最新版の「FlashDevelop」をダウンロードしましょう。
(2014/1/22時点のバージョンは「4.5.2」です)

「FlexSDK」のダウンロード


「FlexSDK」をダウンロード

上記URLから最新版の「FlexSDK」をダウンロードしましょう。
(2014/1/22時点のバージョンは「4.6」です)

「Windows版Flash Player プロジェクターコンテンツデバッガー」のダウンロード


「コンテンツデバッガー」をダウンロード

上記URLから最新版の「コンテンツデバッガー」をダウンロードしましょう。
(2014/1/22時点のバージョンは「11.9」です)

ソフトウェアをインストールする



インストーラーはありませんので、それぞれダウンロードしたZipファイルを解凍して、好きなフォルダに移動します。
(コンテンツデバッガー(拡張子exe)は解凍の必要はありません!)
今回は「Cドライブ」直下に「flash」というフォルダを作成して、そこに解凍したフォルダをコピーします。

以下のようなパスになるように設置されているかと思います。

C:flashFlashDevelop-4.5.2FlashDevelop.exe
C:flashflex_sdk_4.6flex-sdk-description.xml
C:flashFlashDevelop-4.5.2flashplayer_11_sa_debug.exe


「FlashDevelop」を起動して日本語化する



C:flashFlashDevelop-4.5.2FlashDevelop.exe

上記のファイルをクリックして起動します。
起動できたら、英語になっていると思うので、以下の手順で日本語化します。

  1. メニューの「Tools」をクリック
  2. 「Program Settings...」をクリック
  3. 左メニューの「Main」の「FlashDevelop」をクリック
  4. 右ページのスクロールバーを下にスクロールして下のほうにある「Locale」を見つける
  5. 「Loacle」内の「Selected Locale」を「en-US」から「ja-JP」に変更する
  6. 画面下の「Close」をクリック
  7. 「FlashDevelop」を一度終了させ、再度起動する

以上で、日本語になりますので、以降日本語化されていることを前提に説明を進めます。

「FlexSDK」のパスを設定する



FlashDevelopを起動して以下の手順でパスを設定します。

  1. メニューの「ツール」⇒「環境設定」とクリック
  2. 左メニューの「プラグイン」内、「AS3Context」をクリック
  3. 右ページの「Language|言語」内の「Installed Flex SDKs」をクリックすると右端に「...」というボタンが出るので、ボタンをクリック
  4. 「InstalledSDKコレクションエディタ」が表示されるので、左下の「追加」をクリック
  5. 「New SDK」が追加されたらウィンドウ右側の「Location」内の「Path」をクリック
  6. 右端に「...」というボタンが出るのでボタンをクリック
  7. 「フォルダーの参照」ダイアログが出るので、インストールした「FlexSDK」のフォルダを選択して「OK」
  8. 「C:flashflex_sdk_4.6」を選択することになるはずです
  9. 「InstalledSDKコレクションエディタ」に戻ったら、さらに「OK」
  10. 「閉じる」をクリック

以上で設定完了です。

「コンテンツデバッガー」のパスを設定する



  1. メニューの「ツール」⇒「環境設定」とクリック
  2. 左メニュー「プラグイン」内「FlashViewer」をクリック
  3. 右ページの「その他」内「External Player Path」にインストールした「コンテンツデバッガー」のパスを設定
  4. 「C:flashflashplayer_11_sa_debug.exe」を選択することになるはずです
  5. 右ページの「その他」内「Moive Display Style」を「Popup」に変更
  6. 「閉じる」をクリック

以上で設定完了です。

プロジェクトを作成する



スケルトンプロジェクトを作ります。

  1. メニューの「プロジェクト」⇒「新規プロジェクト」
  2. 「ActionScript3」の「AS3 Project」を選択
  3. ウィンドウ下部の「名前」に適当なプロジェクト名を入力
  4. 「場所」にプロジェクトを作成したいパスを選択(どこでもいいです)
  5. 「プロジェクトフォルダーを作成する」にチェックをして「OK」

以上でプロジェクトが作成されます。

プロジェクトのテストを行う



以下のいずれかの方法で「プロジェクトのテスト」を行えますので使いやすいものを選びましょう。


「コンテンツデバッガー」が起動し、真っ白なウィンドウが表示されれば成功です。

「テスト」ができない


FlexSDKのパス設定が間違っている可能性があります。
前述の「「FlexSDK」のパスを設定する」を確認してみてください。

「テスト」はできたがコンテンツデバッガーが起動しない


コンテンツデバッガーのパスが正しく設定されていない場合Windowsに設定されている拡張子「swf」に関連付けされているアプリケーションが起動されますので、その場合はパスを一度確認しましょう。
デバッガーの機能が不必要な場合には、拡張子「swf」にテストを行いたいアプリケーションを関連付けすれば良いでしょう。



以上です。

長くなったので一旦ここで区切って、次では


について説明したいと思います。


次回の記事は以下です。

【Flash】FlashDevelop+FlexSDKを使ったゲームプログラミング(ゲームループ編)

【関連記事】

[スポンサードリンク]
コメントする


コメント
まだコメントはありません。